<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
イザ!カエルキャラバンのブログアップしました。
up!
イザ!カエルキャラバン!のブログアップしました。
イザ!カエルキャラバン!のブログ

イザ!カエルキャラバン!in宮崎のブログもアップされております。
イザ!カエルキャラバン!in宮崎

1月13日の宮崎でのカエルキャラバンの開催の様子が分かります。是非ご覧ください。
[PR]
by plus-arts | 2007-01-31 19:29
告知!!
3月3日に開催する、TAMに参加いたします。

トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007(TAM)の分科会に、プラス・アーツが参加することとなりました。テーマは『防災』。防災に対して、アートで何をできるのか・・・ということをセッションします。

<防災>に対してアートができること 分科会B

地震大国日本は地震・津波といった災害と常に背中合わせの生活が余儀なくされています。特にここ数年は東南海・南海地震の脅威が叫ばれており、メディアのあおりもあって、「災害」の非日常性から、「防災」の取り組みはその必要性が強く認識されながら後手に回ることが多く、「日頃からの万全な備え」とはなっていません。国民の普遍的な課題である「防災」に対してアートが果たせる役割とは?「防災」というテーマに対して、実際にアーティストが参画したり、アートプログラムが導入され、実績を上げている事例をいくつか紹介するとともに、新たにアーティストからアートを用いた防災訓練プログラムを事前に募集し、パネラー及び事務局が注目した作品に対して公開ヒアリングを行い、参加者全員で「防災」に対するアートの可能性を探求したいと考えています。

パネラー:藤 浩志(ふじ ひろし)さん
       KOSUGE1-16(コスゲ1-16)さん
       木須 久貴(きす ひさたか)
司会:永田宏和

詳しくはコチラ⇒トヨタ・アートマネジメントフォーラム2007公式HP


ということで、
企画コンペ開催中!!

「ART PROGRAM IN REFUGE~避難所をアートでかえる~」企画募集!
提出期間:2007年1月22日(月)~2月26日(月)※郵送の場合は、2月26日(月)消印有効

アートを用いた新しい防災訓練のプログラムを募集します。
「防災」への取り組みが各地で行われる中、地域の防災力を高めるために必要不可欠な「防災訓練」は一部の関係者しか集まらない、非常に閉鎖的なものになっています。
既成概念に捉われない創造力や発想から、現在の課題や問題点を解消し、親子で楽しみながら防災を学ぶことができるアート・ワークショップ・プログラムを募集します。
今回のテーマはずばり「REFUGE-避難所-」です。災害時に多くの人が避難し、ある期間集団生活を送ることになる地域の公民館や学校の体育館などの「避難所」。そこは時の経過とともに普段の生活では想像できないような殺伐とした状況に見舞われます。そうした状況を打破し、改善するためにアートで何ができるのか?100世帯、約300人が避難所で過ごすことになったという設定(子どもは約50人程度)で、そこにある限られたものを使って「コミュニケーション」や「ヒーリング」をテーマとしたアート・ワークショップ・プログラムを提案してください。
詳しくはホームページで、関連資料等も紹介しますので参考にしてください。なお、優秀案については3月3日に開催される本分科会にて公開ヒアリングを実施します。
詳しくは以下のサイトにてご確認ください。

詳しくはコチラ⇒⇒コンペ募集企画HP




f0121769_225765.jpg

[PR]
by plus-arts | 2007-01-22 21:46
地震EXPO-未来に備えるEXPO-
来年4月に横浜のBankARTにて、展示会を行ないます。
現在、プラス・アーツの事務所はその準備であわただしく動いております。



現在、「防災グッズデザインコンペ2007」募集中!  ※終了しました。


防災に関する取り組みの中で、重要なテーマの一つとして位置づけられている「非常時持ち出し品(袋)」。ありとあらゆる防災マニュアル、防災マップの類に記載され、「非常時持ち出し袋」の各家庭での常備が謳われています。
 しかし、その反面、「非常時持ち出し袋」の重要性を認識しつつも未だ準備していないという人は想像以上に多く、「認識」と「行動」に大きなギャップを抱えている課題であるといえます。こうした状況を招いている最大の理由として「非常時持ち出し袋」及びその中に入れられている「防災グッズ」が日頃使用されない「非日常のモノ」的存在になっていることがあげられます。「非日常のモノ」として意識されているが故に、誰もが「日常」のなかで準備するのを怠り、「またいずれ・・・」という意識で置き去りにしてしまうのです。
 そこで、本コンペティションでは、『非日常と日常の交差』というテーマを掲げ、防災グッズの機能性やデザイン性を高め普段から持ち歩きたくなるようなグッズに変身させたり、普段持ち歩いている使い慣れた日常品のなかに防災時に役立つ機能を1つまたは複数付加させたり、様々な、アイデアやデザインによって、上記の社会的な課題の改善に寄与できるような提案を募集します。優れたアイデアについては実用化へ向けたメーカーへの働きかけなども実行委員会のほうで行っていきたいと考えていますので、ぜひ奮ってご参加下さい。

詳細、募集要項はコチラ
防災グッズデザインコンペHP
http://www.plus-arts.net/bousaigoodsdesigncompe/
[PR]
by plus-arts | 2007-01-15 23:29
東京ガスグループ内広報誌「GAS」
東京ガスグループ内広報誌「GAS」にプラス・アーツ永田の寄稿が掲載されました
f0121769_1118389.jpg

[PR]
by plus-arts | 2007-01-11 18:12



NPO法人プラス・アーツのブログです。
by plus-arts
カテゴリ
活動実績
プロジェクト
以前の記事
2010年 12月
2009年 08月
2009年 05月
more...
記事ランキング
検索
お気に入りブログ
Report 藤浩志企画制作室
【こぐれ日乗】京都橘大学...
イザ!カエルキャラバン!...
Nature Art C...
このはな防災トライアル ...
地震EXPO公式ブログ
RICアートカプセル20...
このはな咲かせましょう ...
「バケツ的あてリレー」 ...
その他のジャンル
画像一覧